弁護士に対しての不信感 大阪府 男性

sagishi

大阪府 男性 40代

私は、以前勤めていた会社に対して裁判を起こしています。
ただ、いつもあと少しで勝てるというタイミングで問題が発生し、その問題の解決のために必要とのことで、何度も弁護士に現金を渡すことになっておりました。

弁護士曰く、相手側(会社側)が裁判を終わらせないためにいろいろを口実を作ってくるようなのですが、その口実の具体的なことについては、公にできないとのことで、また、そのため、預かり証も領収書も発行してもらえません。
もうかれこれ200万ほどつぎ込んでしまっておりますが、また裁判を終わらせることができませんでした。

弁護士の名前を日本弁護士連合会に問い合わせたところ、実在しておりましたが、納得できる具体的な情報がないままでは、不安で仕方がありませんでした。

このまま進んでいくのがベストなのか、わからなくなってしまい、ある意味、なにか第三者の知恵をと思いまして、こちらの解決屋さんに相談しました。

担当の方も非常に親身にお話を聞いていただき、具体的に前進しました。
顧客に親身にならず、手数料稼ぎであった弁護士については、ずいぶんと高い授業料だったと反省しております。

FavoriteLoading読み終わったらクリックしてください