仄めかし 団体脱会 入会被害

ほのめかし 思考盗聴は自分の考えていることを知られてしまう 被害ですが 同時に被害に合うことの多い事は ほのめかしです。

大抵は 思考盗聴をされた後に ほのめかしが始まるケースが殆どです。

この順番には、意味があり 加害者は思考を盗聴することにより 貴方の性格 人間関係を知り あなたを自殺に落とし込める 情報を入手するわけです。

そこから ほのめかしに 入っていくわけです(正確には ほのめかしのほかにも 集団ストーカー等の方法もあるのですが次の機会に)

ほのめかしの一番の問題は警察でも弁護士でも法的に解決が出来ない事と 被害に合っている本人しか 被害がわからない点にあります。

自分には聞こえる声が 人には聞こえないわけですから 警察に相談しても 証拠がないから 被害届は出せませんと一喝されて終わってしまいます。

弁護士に相談をしても 加害者がわからないと 法的手続きはとれませんと 言われるのは間違いないです。

また、考えていることが知られているだけではなく、意見をされる場合や、批判されることも多いです。「お前のせいだ」などとほのめかしもよく行われます。
時には傷つく内容を何度も繰り返しささやかれて精神的にもダメージが与えられます。
思考盗聴については、第三者が理解し難く「解ってもらえない」「理解してもらえない」と苦しみを与えられてしまいます。

その点弊社は今までのノウハウにより 解決方法を熟知しておりますので 相談をしていただければ 少しずつでも解決していきます。

探偵会社に頼む方が多いようですが 弊社の経験から 探偵は調べるのが本業ですから 物的証拠が出てこない この手の 被害の解決は苦手の様です。

・風邪をひきやすくなる。
・外出するのが億劫(おっくう)。
・人と話すことがめんどくさい。
・体の節々が痛む。
・抜け毛が増える。
・味覚がおかしくなる。
・イライラする。
・温度感覚がにぶる。
・食欲不振。
・過食。
・頭痛。
・吐き気。
・目まいがする。
・視力の低下。
・やる気が起こらない。
・ミスが多くなる。
・ボーっとする時間が増える。

上記の症状が出始めたら 早い相談をお勧めいたします

FavoriteLoading読み終わったらクリックしてください