ヤキモチ度ってどこまで許される?

ターネット上で「ヤキモチ度チェック」などの占いのようなものが、簡単に試せる時代です。ただ、本当に許される「ヤキモチ度」というのは、どのくらいなのでしょうか? 人間というのは、人とのつながりの中で生きています。恋愛をしているときでも、他のつながり(友人、会社の同僚、趣味の仲間など)は消えてなくなるわけではありません。恋愛をしているからといって、それらのつながりを疎かにしていいわけではありません。また一般的に、社会で長く活躍したいと思う人ほど、「一時的に夢中になる恋愛よりも、他の人とのつながりを大事にしなければならないとき」というのが、必ず来るものです。そうしたときのヤキモチ度を抑えられるように、大人になっていくということが、恋愛関係がうまくいくことの秘訣でもあります。また、ヤキモチ度がどうしても抑えられない人には「あなたの生活を見直す必要がある」ということを、お伝えしたいと思います。恋愛相手のことしか考えられないのは、冷たい言い方ですが「自分の生活が充実していないから、恋愛に全てを求めてしまっている」ということの表れでもあります。だからこそ「どこへ行ってたの?」「何をしてたの?」と相手を束縛する方向よりも、自分の生活を充実させて「恋愛で寂しさを埋める」ということのないように、変化をしていくことを、お勧めします。

FavoriteLoading読み終わったらクリックしてください