別れ屋

別れ工作

別れ工作

誰にも相談できない悩み出口の見えない危機

 

別れの危機に直面

肉体関係で冷める

別れたくない気持ち

人間関係も築ける

女として見てくれない

別れの危機を乗り越える仲直りしたい

 

喧嘩別れの原因は

別れて欲しいと言われました

元彼女に対する気持ちの大きさ

後悔しています

女として自分を磨こう

別れの危機を回避したい別れたくない

 

彼と寄りを戻したい

別れの原因は私

どれだけ彼の事を思っているか

SEXの回数が減った

お互い異性関係でモメてから

●夫と別れたい 妻と別れたい
●暴力を振るわれているので別れたい。
●別居しているので別れたい。
●生活費を入れない、経済力がないので別れたい。
●浮気、不倫しているので別れたい。
●性の不一致で別れたい。
●配偶者の親族とうまくいかないので別れたい。
●他に好きな人ができたから別れたい。
●仮面夫婦に疲れたので別れたい。
●慰謝料を取って有利に別れたい。
●長年連れ添ってきたが別れたい。

つきあっている人と別れたい。

浮気をやめさせたい。

別れたいなら問題を一つずつ解決する

別れたいなら問題を一つずつ解決する
夫婦として修復が難しいのであれば、離婚を決意した方が良い場合もあります。
憎しみ合う関係を続けているよりも、離婚して元夫や元妻として接することで
夫婦の時よりも良い関係を構築できることもあります。
夫婦仲が悪化することで家庭環境も悪くなり、子供にとっても悪影響と言えます。
このようなことから離婚を決意し、「離婚したい」と切り出そうとします。
しかし、「別れたい」「離婚したい」と自分からは言い出しにくく、後ろめたいと感じますよね?

離婚したいなら問題を解決

離婚したいなら問題を解決
また、夫婦としての愛は無くても配偶者に対する情はあるのかもしれません。
「離婚するきっかけが無い」、「タイミングが悪い」と言って離婚を先延ばしにしても、離婚する
きっかけやタイミングは待っていてもなかなか訪れません。
「離婚は結婚の10倍大変なものだ」とよく耳にします。
そのとおり膨大な時間と神経を浪費して心身を疲労させていく行為です。
それなりの覚悟がないと立ち回れません。
そして、離婚する際には色々な離婚問題が絡んできます。
慰謝料・養育費・親権・財産分与・住居問題・子供の学校・姓(名前)の問題・・・。
夫婦間の話し合いがスムーズであれば協議離婚で良いのですが、上記した離婚問題で
揉めてしまうような場合は、離婚調停や離婚裁判に発展してしまいます。
離婚したいなら問題を一つずつ解決する覚悟と努力が必要です。

【法的に認められる離婚理由】

【法的に認められる離婚理由】
不貞行為
悪意の遺棄
3年以上の生死不明
回復の見込みのない強度の精神病
婚姻を継続しがたい重大な事由

強く離婚したいと感じるなら

強く離婚したいと感じるなら
「離婚したい」と考えながら結婚生活を送っている人は大変多いと思います。
結婚生活というものは良いことばかりではありません。
夫婦として色々な問題や障害もあるでしょう。
時には乗り越えることが困難な場合もあります。
すでに仮面夫婦で夫婦仲が破綻している状況、心がすれ違ったまま何年かけても関係修復が
難しい家庭内別居や仮面夫婦、離婚に向けて別居状態・・・。
離婚したくても経済的な問題や子供の問題など現実を考えれば離婚を諦めて我慢して生活を
続けていませんか?

しかし、自分の人生を振り返ったり、これからの将来を考えたときに「このままではいけない・・・」と
強く感じることで離婚を決意します。
「離婚したい」と強く感じている方を別れさせ工作というサービスで応援しています。
数多くの離婚したい相談を受けてきた経験、離婚したい悩みを解決してきた実績から適切な
アドバイスとサポートをすることが可能です。

離婚したいなら離婚できる理由をつくる

離婚したいなら離婚できる理由をつくる
正当な離婚理由が無い場合、配偶者が離婚を拒むようであれば離婚は成立しません。
それでもやはり「離婚したい」という決断に至れば、離婚に向けて行動するしかないのです。
離婚理由が無い場合や離婚の話し合いに応じてもらえない場合に
離婚できるきっかけを別れさせ工作というサービスによりつくり出し、優位に離婚したいと
考える方も少なくありません。
離婚に合意しない配偶者に対して異性の工作員を接触させて不貞行為の事実をつくり、有利に
離婚に持ち込む方法です。
別れさせ工作という方法を用いて離婚原因を配偶者側につくり、離婚できるきっかけを作り出すのです。
別れさせ工作を行なう場合には、次のような点をお聞きしています。

【離婚したいと思っている人への確認事項】

【離婚したいと思っている人への確認事項】
「離婚したい」と告げたことがあるか?
離婚したいと思った理由
離婚を拒むお相手の理由
夫婦の状況(家庭環境・子供の有無)
慰謝料・養育費・親権・財産分与の問題
調停や離婚裁判の経過・結果

離婚したいなら別れさせ工作

離婚したいなら別れさせ工作
離婚したい場合の別れさせ工作は、異性の工作員を接触させて不貞行為の事実を配偶者につくり、
離婚に持ち込むという方法になります。
夫婦間に解決できない問題や悩みがあって離婚を決意し、離婚したいけど離婚できる理由が
無い場合などに用いられています。
異性の工作員に本気になることで配偶者から離婚を切り出してくることもあるのです。
愛情の無い夫や妻に執着するよりも新しい恋愛をすることで人生をリセットしたいと思うようになるのです。

離婚が成立するまで

離婚が成立するまで
そして、離婚する時には夫婦二人だけの問題ではなく、親族間の問題や世間体などもあるために
身内が離婚を認めないケースも多いです。
その為にも周囲の人には“離婚に至った経緯”を知って頂く必要があります。
周囲の理解を得ることが出来れば、夫婦不仲から離婚も仕方ないと了解を得ることが出来ます。
別れさせ工作が終了して、夫婦が離婚を決意しても離婚が成立するまでに数ヶ月掛かってしまう
こともあります。
話し合い(協議離婚)でスムーズに離婚に至るケースもありますが、慰謝料・養育費・親権・
財産分与などの問題があります。
特に夫婦間にお子さんがいらっしゃる場合には、離婚に至るまでに時間を要する場合があります。
もちろんですが親権問題で揉めない場合には離婚もスムーズです。
また、夫婦関係が破綻している夫婦の場合は、離婚原因さえつくることさえ出来れば離婚成立も早く、
時間は掛かりません。
離婚したい悩みを抱えている方はまずはご相談下さい。

ご依頼者様の中で自分の秘密を他人に話すことに対して抵抗のない人は皆無です。
しかし、勇気を出して解決への第一歩を踏み出してほしいのです。
悩んでいるだけでは解決できないのです。
弊社では、離婚したい悩みを真摯に受け止めて、一歩一歩の支えとなり解決に向けて真剣に
お取り組みさせて頂きます。

上手な別れ方とは

上手な別れ方とは
恋愛を終わらせたいとき、相手が別れることを認めてくれないがあ事がります。
恋愛感情の温度差に気付かず、夢中になっている恋人に突然別れを告げられても
気が動転して事態を呑み込めず、別れることを受けいれる事が出来ません。
また、意地を張って別れてくれない人や弱音を吐いて別れてくれない人もいるのです。
別れる理由にもよりますが、別れを切り出す場合には相手の立場や心理を考えて別れを
告げなくてはいけないのです。
恋愛してきた以上、別れてくれない相手の気持ちと別れ方を考えてあげるくらいの器量が
必要になります。
別れたい理由が「他に好きな人ができたから・・・」という場合には、真実を話して理解してくれる
相手なのか見極めが必要となります。
もし、真実を伝えて別れられなくなるなら本当のことは伝えず、別れを切り出すことも一つの手段です。
納得させられるかが肝心 相手が納得できる別れ方をしないと恨まれたり、ストーカー化する
こともあるのです。
納得できる別れ方とは、相手も「別れたい」、「別れてもいい」と思うこと、感じることです。
そのためには、二人の恋愛の中で起こったことを別れる理由にする必要があるのです。
二人の恋愛の外に別れる理由がある場合には「許せない」、「納得できない」ということ
になってしまうのです。

上手く別れるために

上手く別れるために
些細なことで喧嘩することが多く、意見が食い違うことが頻繁になれば恋愛を続けることが
難しくなります。
その場合、相手も恋愛に嫌気がさして「別れたい」と思ってくれる可能性は十分あります。
「別れ」を言葉にして伝えるべきか、それとも少しずつ距離を空けて態度で示して恋愛感情が
薄れていくまで待つか、別れ方はやはり相手次第です。
傷つけたくないと思えば思うほど別れ方を考えてしまい、そのうち情に流されて別れを切り出す
タイミングを失ってしまいます。
「別れたい」とその意志を強く示しても別れてくれない、別れられない相手は存在します。
恋愛の主導権を相手が握っている場合に多く見受けられます。
この場合には、頑なに態度で示し、継続的に言葉で伝え続ける必要があります。
「別れられるなら・・・」という考えから、真実を伝えてしまい反感や恨みをかってしまい、
余計に強情になって別れてくれなくなる場合もあるのです。
いかにして相手の気持ちを変えることができるかが課題となっていきます。

上手く別れる方法の別れさせ工作

上手く別れる方法の別れさせ工作
相手がどうしても別れてくれない、別れることを承諾してくれない・・・。
このように深く悩んでいる人を見受けます。
別れてくれない恋人とスムーズに別れるために別れさせ工作をご依頼される方も
増えてきています。
別れさせ工作による「別れる方法」を用いる場合には別れてくれない相手との状況を
詳しく教えて頂いております。
出会いから今現在までの状況や恋愛中の出来事や「別れたい」と思うまでの経緯について
下記のような事項を詳しくお聞きしています。

【別れたいと思う人の確認事項】

別れたいと思う人の確認事項
●あなたが「別れたい」と思っていることを相手が知っているのか
●別れたいと思った理由
●別れたくない相手の言い分
●今までの付き合い方
●現在の状況 会う頻度・連絡の頻度・同棲生活・婚約の有無
●相手の環境
●相手が別れを受け入れる別れ方 別れる方法

自分が「別れたい」場合の基本的な別れ方としましては、別れたい相手に対して異性の工作員を
接触させて恋愛に発展させる方法をとります。
この別れさせ工作により対象となる人物が異性工作員に恋愛感情を抱き、本気になれば新しい
恋愛を選び「別れ」に至ります。
別れてくれない相手の方から、「別れたい」と告げて来ることもあるのです。
恋愛感情の矛先が変わることで気持ちが変わり、別れを受け入れるのです。
もし、工作員との恋愛が遊びや浮気でも、別れてくれない相手の行動をご依頼者様が知ることに
なるように仕向けるのです。

相手と恋愛関係になった工作員に婚約者や恋人(いずれも工作員)がいる設定の中で、
この恋人役工作員が浮気をバラしたり、映像や証拠をご依頼者様にも見せてしまうこともあります。
何も知らなかったご依頼者様が、相手の浮気に気付いて「別れ」を自ら切り出すのです。
別れる原因は相手がつくっているのですから大義名分はご依頼者様にあるのです。
別れてくれない相手の浮気が発覚してしまうことで恋愛関係を精算することが出来るのです。

しっかりとした意思を持つ

しっかりとした意思を持つ
浮気してしまった相手は非を認めて「別れ」を受け入れなくてはいけません。
しかし、中には浮気した事実を否定したり、浮気を認めてもひたすら謝罪して
許してもらおうとする人がいます。 泣き落としという作戦です。
その時には、決して情に流されない心構えと強い意志を準備して下さい。
また、工作員と別れてくれない相手が良い関係になっている場面を偶然見てしまう状況でも充分
別れる原因になる場合もあります。
しかし、上手な別れ方・別れる方法としての一番良い方法は工作員に本気になり、別れてくれない
相手自ら別れたい気持ちになって「別れてほしい、別れたい」と言ってくることなのです。

上手な別れ方としての別れさせ工作

上手な別れ方としての別れさせ工作
新しい恋愛に夢中になることで、ご依頼者様のことをどうでも良くなってしまうのです。
恋愛における「出会い」をつくって、「別れ」を演出するわけです。
別れさせ工作中においてはできる限り「別れたい相手」の情報提供をして頂くことをお願いします。
チームワークがあってこそ成功できると確信しております。
ご依頼者様には最終局面におきましてのご協力をお願いしております。
随時のご報告はもちろんのこと展開予想や状況変化の時には、綿密な打ち合わせをさせて
頂きますのでご安心して下さい。
ご依頼者様が疑われたり、怪しまれることが絶対にないように最善の注意を払って段取りし、
別れさせ工作を遂行させて頂きます。

上手に別れるための別れ方・別れる方法は別れてくれない相手の性格・環境によって異なります。
入念な打ち合わせと、しっかりとした事前調査が必要になります。
別れてくれない相手に適した別れ方・別れる方法を用いなければ
別れさせ工作の効果は期待できなくなってしまいます。
別れたい悩みを抱えて「別れ方・別れる方法」につて考えているならまずはご相談下さい。

その一歩が解決への道

その一歩が解決への道
ご依頼者様の中で自分の秘密を他人に話すことに対して抵抗のない人は皆無です。
しかし、勇気を出して解決への第一歩を踏み出してほしいのです。
悩んでいるだけでは解決できないのです。

夫と離婚したい 妻と離婚したい

夫と離婚したい 妻と離婚したい
●暴力を振るわれているので離婚したい。
●別居しているので離婚したい。
●生活費を入れない、経済力がないので離婚したい。
●浮気、不倫しているので離婚したい。
●性の不一致で離婚したい。
●配偶者の親族とうまくいかないので離婚したい。
●他に好きな人ができたから離婚したい。
●仮面夫婦に疲れたので離婚したい。
●慰謝料を取って有利に離婚したい。
●長年連れ添ってきたが熟年離婚したい。
離婚したいなら問題を一つずつ解決する

夫婦として修復が難しいのであれば、離婚を決意した方が良い場合もあるのです。
憎しみ合う関係を続けているよりも、離婚して元夫や元妻として接することで夫婦の時よりも
良い関係を構築できることもあるのです。
夫婦仲が悪化することで家庭環境も悪くなり、子供にとっても悪い影響と言えるのです。
このようなことから離婚を決意し、「離婚したい」と切り出そうとします。
しかし、「離婚したい」と自分からは言い出しにくく、後ろめたいと感じるのです。

離婚したいなら問題を解決

離婚したいなら問題を解決
また、夫婦としての愛は無くても配偶者に対する情はあるのかもしれません。
「離婚するきっかけが無い」、「タイミングが悪い」と言って離婚を先延ばしにしても、
離婚するきっかけやタイミングは待っていてもなかなか訪れません。
「離婚は結婚の10倍大変なものだ」とよく耳にします。
そのとおり膨大な時間と神経を浪費して心身を疲労させていく行為なのです。
それなりの覚悟がないと立ち回れません。
そして、離婚する際には色々な離婚問題が絡んできます。
慰謝料・養育費・親権・財産分与・住居問題・子供の学校・姓(名前)の問題etc・・・。
夫婦間の話し合いがスムーズであれば協議離婚で良いのですが、上記した離婚問題で
揉めてしまうような場合は、離婚調停や離婚裁判に発展してしまいます。
離婚したいなら問題を一つずつ解決する覚悟と努力が必要なのです。

【法的に認められる離婚理由】

法的に認められる離婚理由
不貞行為
悪意の遺棄
3年以上の生死不明
回復の見込みのない強度の精神病
婚姻を継続しがたい重大な事由
強く離婚したいと感じるなら

「離婚したい」と考えながら結婚生活を送っている人は大変多くいらっしゃると思います。
結婚生活というものは良いことばかりではありません。
夫婦として色々な問題や障害もあるでしょう。
時には乗り越えることが困難な場合もあるのです。
すでに仮面夫婦で夫婦仲が破綻している状況、心がすれ違ったまま何年かけても修復
が難しい家庭内別居や仮面夫婦、離婚に向けて別居状態・・・。
離婚したくても経済的な問題や子供の問題など現実を考えれば離婚を諦めて我慢して
生活を続けているのです。
しかし、自分の人生を振り返ったり、これからの将来を考えたときに「このままではいけない・・・」
と強く感じることで離婚を決意します。
弊社では「離婚したい」と強く感じている方を別れさせ工作というサービスで応援しています。
数多くの離婚したい相談を受けてきた経験、離婚したい悩みを解決してきた実績から適切な
アドバイスとサポートをすることが可能です。

離婚したいなら離婚できる理由をつくる

離婚したいなら離婚できる理由をつくる
正当な離婚理由が無い場合、配偶者が離婚を拒むようであれば離婚は成立しません。
それでもやはり「離婚したい」という決断に至れば、離婚に向けて行動するしかないのです。
離婚理由が無い場合や離婚の話し合いに応じてもらえない場合に離婚できるきっかけを
別れさせ工作というサービスによりつくり出し、優位に離婚したいと考える方も少なくありません。
離婚に合意しない配偶者に対して異性の工作員を接触させて不貞行為の事実をつくり、有利に
離婚に持ち込む方法です。
別れさせ工作という方法を用いて離婚原因を配偶者側につくり、離婚できるきっかけを作り出すのです。
別れさせ工作を行なう場合には、次のような点をお聞きしています。

【離婚したいと思っている人への確認事項】

離婚したいと思っている人への確認事項
●「離婚したい」と告げたことがあるか?
●離婚したいと思い至った経緯
●離婚を拒むお相手の理由
●夫婦の状況(家庭環境・子供の有無)
●慰謝料・養育費・親権・財産分与の問題
●調停や離婚裁判の経過・結果
●離婚したいなら別れさせ工作

離婚したい場合の別れさせ工作は、異性の工作員を接触させて不貞行為の事実を配偶者につくり、
離婚に持ち込むという方法になります。
夫婦間に解決できない問題や悩みがあって離婚を決意し、離婚したいけど離婚できる理由が無い場合
などに用いられています。
異性の工作員に本気になることで配偶者から離婚を切り出してくることもあるのです。
愛情の無い夫や妻に執着するよりも新しい恋愛をすることで人生をリセットしたいと思うようになるのです。

離婚が成立するまで

離婚が成立するまで
そして、離婚する時には夫婦二人だけの問題ではなく、親族間の問題や世間体などもあるために
身内が離婚を認めないケースも多いのです。
その為にも周囲の人には“離婚に至った経緯”を知って頂く必要があるのです。
周囲の理解を得ることが出来れば、夫婦不仲から離婚も仕方ないと了解を得られるのです。
別れさせ屋工作が終了して、夫婦が離婚を決意しても離婚が成立するまでに数ヶ月掛かることもあります。
話し合い(協議離婚)でスムーズに離婚に至るケースもありますが、慰謝料・養育費・親権・財産分与などの問題があるのです。
特に夫婦間にお子さんがいる場合には、離婚に至るまでに時間を要する場合があります。
もちろんですが親権問題で揉めない場合には離婚もスムーズです。
また、夫婦関係が破綻している夫婦の場合は、離婚原因さえつくることさえ出来れば離婚成立も早く、
時間は掛かりません。
離婚したい悩みを抱えているならまずはご相談下さい。

ご依頼者様の中で自分の秘密を他人に話すことに対して抵抗のない人は皆無です。
しかし、勇気を出して解決への第一歩を踏み出してほしいのです。
悩んでいるだけでは解決できないのです。

「彼氏と別れたい」、彼氏への愛情を失ってしまうことがあります。
恋愛したことで性格が合わないと感じたり、他に好きな男性が現れてしまったということが
別れたいと思う一般的な原因と思います。
気持ちの無い彼氏に「別れたい」と告げても納得してくれない場合があるのです。
別れを受け入れないどころか、恋愛とは言えない関係になってしまうこともしばしばあります。
「絶対に別れない!」と脅してくる彼氏、ストーカーのように行動を監視する彼氏や
異常な束縛をする彼氏、暴力を振るう彼氏など、このような彼氏とは「一日も早く別れたい」と思うのです。
彼氏に「別れたいと怖くて言えない」という状況のまま束縛され続けて恋愛関係を押し付けられて
しまっている女性も多く存在します。
このような関係は間違っても、恋愛と呼べるものではありません。

別れてくれない彼氏

別れてくれない彼氏
女性よりも男性の方が未練や情を深く残す傾向にあります。
ダメな男を演じることで気持ちを繋ぎ止めようとして「生きてゆけない・・・」、
「生きていく意味が無い・・・」などと弱さをアピールする男性も多くいるのです。
弱音を吐いてすがる、泣き落とし作戦です。
また、気持ちを残さないように彼氏と別れないといつまでも気持ちを引きずって付きまとわれて
しまったり、恨みをかってしまう可能性があります。
彼氏に「別れたい」と伝えても悪い状況(暴力や脅しなど)がさらにエスカレートしてしまうことも
多いのです。
“愛情が憎しみへと変わる”のです。 このような事から犯罪に繋がってしまうこともあるのです。

また、「別れたい」と突然言われることで、彼氏もショックから精神的に不安定になり、意地を張って
別れられなくなるケースも多く見受けられます。
彼氏に別れることを納得させなくてはいけないのです。
納得できる別れ方とは、彼氏も「別れたい」、「別れてもいい」と思うこと、感じることです。
そのためには、二人の恋愛の中で起こったことを別れる理由にする必要があるのです。
二人の恋愛の外に別れる理由がある場合には「許せない」、「納得できない」ということに
なってしまうのです。

別れてくれない彼氏と別れる方法 別れ方

別れてくれない彼氏と別れる方法 別れ方
「とにかく彼氏と別れたい」と感じていても、別れられなくて困っている・・・。
このように深く悩んでいる女性を多く見受けます。
別れてくれない彼氏とスムーズに別れるために別れさせ工作をご依頼される方も増えています。
別れさせ工作を用いる場合には、別れたい彼氏との状況を詳しく教えて頂いております。
出会ってから恋愛するまでの状況や恋愛中の出来事や「別れたい」と思うまでの経緯について
下記のような事項を詳しくお話しをお聞きしています。

【彼氏と別れたい場合の確認事項】

彼氏と別れたい場合の確認事項
●あなたが「別れたい」と思っていることを彼氏は知っているのか
●彼氏と別れたいと思った理由
●別れたくないと言う彼氏の言い分
●彼氏との恋愛状況(会う頻度・連絡の頻度・同棲生活・婚約の有無)
●彼氏の環境

彼氏と別れるための別れさせ工作

彼氏と別れるための別れさせ工作
彼氏と別れたい場合の別れさせ工作は、まず彼氏に対して「別れ」に至る原因やきっかけを
つくらなくてはいけません。
男性は優柔不断な人が多く、新しい女性にすぐ目が行きます。
この男性のスケベ心を利用して別れさせ工作で誘惑し、彼氏の気持ちを変えるのです。
彼氏に対して別の恋愛を持ち掛ける別れさせ工作が最も効果的であり、新しい恋愛をすることで
今現在の恋愛関係を清算することができるのです。

彼氏との別れの演出を用意

彼氏との別れの演出を用意
別れさせ工作により新しい恋愛を作り出して“彼氏との別れ”を演出します。
気持ちの無い彼女よりも新しい恋愛を選ぶ人は多いのです。
このように女性工作員を新しい彼女として恋愛することで別れを受け入れてくれるのです。
元々、別れてくれない彼氏ですから依存心は強いはずです。
その彼氏の気持ちの矛先が変われば新しい彼女に夢中になるのです。

また、ご依頼者様の新しい彼(彼氏役工作員)の存在を別れてくれない彼氏に知らせることで
未練なく関係を断つことが出来る場合もあります。
女性工作員との関係が本気ではなく、浮気や遊びの場合には何も知らなかったご依頼者様が
彼氏の浮気に気付いて「別れ」を自ら切り出すのです。
別れる原因は彼氏がつくってしまったのですから別れる大義名分はご依頼者様にあるのです。
浮気してしまった彼氏は非を認めて「別れ」を受け入れなくてはいけません。
しかし、中には浮気した事実を否定したり、浮気を認めてもひたすら謝罪して許してもらおうと
する人がいます。
その時には、決して情に流されない心構えと強い意志を準備して下さい。

彼氏と別れるためには

彼氏と別れるためには
彼氏が新しい恋愛に夢中になることで、ご依頼者様のことをどうでも良くなってしまうのです。
恋愛における「出会い」をつくり、「別れ」を演出するわけです。
彼氏から「別れてほしい」と言ってくるように仕向けるのです。
別れさせ工作中においてはできる限り「別れたい彼氏」の情報提供をして頂くことをお願いします。
チームワークがあってこそ成功できると確信しております。
ご依頼者様には最終局面におきましてのご協力をお願いしております。
随時のご報告はもちろんのこと展開予想や状況変化の時には、綿密な打ち合わせをさせて
頂きますのでご安心して下さい。
ご依頼者様が疑われたり、怪しまれることが絶対にないように最善の注意を払って段取りし、
別れさせ工作を遂行させて頂きます。
別れさせ工作の方法は別れてくれない彼氏の性格・環境によって異なります。
入念な打ち合わせとしっかりとした事前調査が必要になります。
別れてくれない彼氏に適した別れ方・別れる方法を用いなければ別れさせ工作の効果は
期待できなくなってしまいます。
彼氏と別れたいという悩みを抱えているならまずはご相談下さい。

その一歩が解決への道

その一歩が解決への道
ご依頼者様の中で自分の秘密を他人に話すことに対して抵抗のない人は皆無です。
しかし、勇気を出して解決への第一歩を踏み出してほしいのです。
悩んでいるだけでは解決できないのです。

彼女と別れたい

彼女と別れたい
彼女への愛情を失ってしまうことがあります。
恋愛したことで性格が合わないと感じたり、他に好きな女性が現れてしまったということが
別れたいと思う一般的な原因と思います。
気持ちの無い彼女に「別れたい」と告げても納得してくれない場合があるのです。
別れを受け入れないどころか、恋愛とは言えない関係になってしまうこともしばしばです。
「絶対に別れない!」と脅してくる彼女、ストーカーのように行動を監視する彼女や異常な
束縛をする彼女、暴力を振るう彼女など、このような彼女とは「一日も早く別れたい」と思うのです。
彼女に「別れたいと怖くて言えない」という状況のまま束縛され続けて恋愛関係を押し付けられて
しまっている男性も多く存在します。
このような関係は間違っても、恋愛と呼べるものではありません。

別れてくれない彼女

別れてくれない彼女
男性よりも女性の方が嫉妬心や怒り、憎しみが持続する傾向にあります。
恋愛中の中絶経験や流産、妊娠を理由に脅してくる女性もいるのです。
もちろん女性は身を持って傷ついているわけですからとても可哀想なのです。
弱い女性を演じて気持ちを繋ぎ止めようとして「生きてゆけない・・・」、「生きていく意味が無い・・・」
などと弱さをアピールする彼女も多くいるのです。
弱音を吐いてすがる泣き落とし作戦です。

別れを納得させる

別れを納得させる
また、気持ちを残さないように彼女と別れないといつまでも気持ちを引きずってストーカーのように
なってしまったり、恨みをかってしまう可能性があります。
彼女に「別れたい」と伝えても悪い状況(暴力や脅しなど)がさらにエスカレートしてしまうことも
多いのです。
“愛情が憎しみへと変わる”のです。
このような事から犯罪に繋がってしまうこともあるのです。
また、「別れたい」と突然言われることで、彼女もショックから精神的に不安定になり、意地を張って
別れられなくなるケースも多く見受けられます。
彼女に別れることを納得させなくてはいけないのです。
納得できる別れ方とは、彼女も「別れたい」、「別れてもいい」と思うこと、感じることです。
そのためには、二人の恋愛の中で起こったことを別れる理由にする必要があるのです。
二人の恋愛の外に別れる理由がある場合には「許せない」、「納得できない」ということ
になってしまうのです。

別れてくれない彼女と別れる方法 別れ方

別れてくれない彼女と別れる方法 別れ方
「とにかく彼女と別れたい」と感じていても、別れられなくて困っている・・・。
このように深く悩んでいる男性を多く見受けます。
別れてくれない彼女とスムーズに別れるために別れさせ工作をご依頼される方も増えています。
別れさせ工作を用いる場合には、別れたい彼女との状況を詳しく教えて頂いております。
出会ってから恋愛するまでの状況や恋愛中の出来事や「別れたい」と思うまでの経緯について
下記のような事項を詳しくお話しをお聞きしています。

【彼女と別れたい場合の確認事項】

彼女と別れたい場合の確認事項
●あなたが「別れたい」と思っていることを彼女が知っているのか
●彼女と別れたいと思った理由
●別れたくないと言う彼女の言い分
●彼女との恋愛状況(会う頻度・連絡の頻度・同棲生活・婚約の有無)
●彼女の環境

彼女と別れるための別れさせ工作

彼女と別れるための別れさせ工作
彼女と別れたい場合の別れさせ工作は、まず彼女に対して「別れ」に至る原因やきっかけを
つくらなくてはいけません。
女性は恋愛体質な人が多く、恋愛に依存する傾向が強いので他の異性と恋愛することで気持ちを
断ち切れることが多いようです。
男性よりも気持ちの切り替えが早いのですが、新しい相手がいる場合の話となります。
彼女に対して別の恋愛を持ち掛ける別れさせ工作が最も効果的であり、新しい恋愛をすることで
今現在の恋愛関係を清算することができるのです。

彼女との別れを演出する

彼女との別れを演出する
別れさせ工作により新しい恋愛を作り出して“彼女との別れ”を演出します。
気持ちの無い彼氏よりも新しい恋愛を選ぶ人は多いのです。
このように男性工作員を新しい彼氏として恋愛することで別れを受け入れてくれるのです。
元々、別れてくれない彼女ですから依存心は強いはずです。
その彼女の気持ちの矛先が変われば新しい彼氏に夢中になるのです。
また、ご依頼者様の新しい彼女(彼女役工作員)の存在を別れてくれない彼女に知らせることで
未練なく関係を断つことが出来る場合もあります。

男性工作員との関係が本気ではなく、浮気や遊びの場合には何も知らなかったご依頼者様が
彼女の浮気に気付いて「別れ」を自ら切り出すのです。
別れる原因は彼女がつくってしまったのですから別れる大義名分はご依頼者様にあるのです。
浮気してしまった彼女は非を認めて「別れ」を受け入れなくてはいけません。
しかし、中には浮気した事実を否定したり、浮気を認めてもひたすら謝罪して許してもらおうと
する人がいます。
その時には、決して情に流されない心構えと強い意志を準備して下さい。

彼女と別れるためには

彼女と別れるためには
彼女が新しい恋愛に夢中になることで、ご依頼者様のことをどうでも良くなってしまうのです。
恋愛における「出会い」をつくり、「別れ」を演出するわけです。
彼女から「別れてほしい」と言ってくるように仕向けるのです。
別れさせ工作中においてはできる限り「別れたい彼女」の情報提供を
して頂くことをお願いしております。
チームワークがあってこそ成功できると確信しております。
ご依頼者様には最終局面におきましてのご協力をお願いしております。
随時のご報告はもちろんのこと展開予想や状況変化の時には、綿密な
打ち合わせをさせて頂きますのでご安心して下さい。
ご依頼者様が疑われたり、怪しまれることが絶対にないように最善の
注意を払って段取りし、別れさせ工作を遂行させて頂きます。

別れさせ工作の方法は別れてくれない彼女の性格・環境によって異なります。
入念な打ち合わせとしっかりとした事前調査が必要になります。
別れてくれない彼女に適した別れ方・別れる方法を用いなければ別れさせ工作の
効果は期待できなくなってしまいます。
彼女と別れたいという悩みを抱えているならまずはご相談下さい。

その一歩が解決への道

その一歩が解決への道
ご依頼者様の中で自分の秘密を他人に話すことに対して抵抗のない人は皆無です。
しかし、勇気を出して解決への第一歩を踏み出してほしいのです。
悩んでいるだけでは解決できないのです。

浮気相手と別れるには

浮気相手と別れるには
「浮気を止めよう」と自ら決断することで浮気輪手と別れたいと感じます。
浮気相手とはお金や体の目的で付き合っている人も多く、配偶者や恋人にバレて怒られる前に
別れたいと思うものです。
次第に会うことが苦痛になり、浮気相手と別れたいと思うのです。
気持ちの無い浮気相手とは目的だけの関係と割り切っていても、浮気相手が真剣な恋愛と
捉えている場合には簡単に別れることができません。
浮気相手が「遊び」と割り切れているなら連絡を取らなくなれば良いのですが、「遊ばれた」
と感じてしまうことで恨みや怒りをかってしまいます。
「別れたい」と告げることで金品を要求されたり、交際の継続を強要されてしまうこともあるのです。

別れてくれない浮気相手

別れてくれない浮気相手
浮気の関係をお互い遊びと割り切って楽しんでいたのなら、話し合いで別れることになります。
しかし、浮気相手が本気で恋愛している場合には簡単に別れられるものではありません。
楽しい遊びのつもりだったかも知れませんが、浮気相手は真剣な恋愛と信じていたわけですから
納得できないことになります。
配偶者や恋人に知れてしまう前に関係を解消したいと思います。
配偶者や恋人の存在を知っている中で関係を持ったのであれば慰謝料などの対象にもなりません。

浮気相手の心境や性格にもよりますが、会えなくなったり、連絡を取らなくなる、別れることで寂しい
気持ちになりたくないというのが本音でしょう。
次の恋愛対象が見つかるまでは寂しい思いをしたくないので繋ぎ止めようとするのです。
浮気相手の気持ちに関係なく「別れよう」と言うのであれば恨みや怒りをかっても仕方ないものです。
浮気相手に別れることを納得させなくてはいけないのです。
納得できる別れ方とは、浮気相手も「別れたい」、「別れてもいい」と思うこと、感じることです。
そのためには、二人の恋愛の中で起こったことを別れる理由にする必要があるのです。
二人の恋愛の外に別れる理由がある場合には「許せない」、「納得できない」ということに
なってしまうのです。

別れてくれない浮気相手と別れる方法 別れ方

別れてくれない浮気相手と別れる方法 別れ方
「とにかく浮気相手と別れたい」と感じていても、別れられなくて困っている・・・。
このように深く悩んでいる人を多く見受けます。
別れてくれない浮気相手とスムーズに別れるために別れさせ工作をご依頼される方もいらっしゃいます。
別れさせ工作を用いる場合には、別れたい浮気相手との状況を詳しく教えて頂いております。
出会ってから浮気するまでの状況や恋愛中の出来事や「別れたい」と思うまでの経緯について
下記のような事項を詳しくお話しをお聞きしています。

【浮気相手と別れたい場合の確認事項】

浮気相手と別れたい場合の確認事項
あなたが「別れたい」と思っていることを浮気相手が知っているのか
浮気相手と別れたいと思った理由
別れたくないと言う浮気相手の言い分
浮気相手との恋愛状況(会う頻度・連絡の頻度・同棲生活・婚約の有無)
浮気相手の環境
浮気相手と別れるための別れさせ工作

浮気相手と別れたい場合の別れさせ工作は、まず浮気相手に対して別れられる原因や
きっかけをつくらなくてはいけません。
「浮気でもいいから・・・」と関係を続けたがる浮気相手も多く居るのも事実です。
それほどまでに別れて一人になってしまうことを心細く思っているのです。
このような人は他の異性と恋愛することで寂しさを紛らわし、未練を断ち切れることが出来るのです。

浮気相手に対して別の恋愛を持ち掛ける別れさせ工作が最も効果的であり、新しい恋愛を
することで今現在の関係を清算することが可能になるのです。
別れさせ工作により新しい恋愛を作り出して“浮気相手との別れ”を演出します。
気持ちの無い関係よりも新しい恋愛を選ぶ人は多いのです。
浮気相手は遊ばれた末に寂しい思いすることで冷静に判断できるようになるのです。
気持ちのない遊びの関係を続けるよりも、愛情のある新しい恋愛に惹かれること必然と言えるのです。

浮気相手と別れるためには

浮気相手と別れるためには
浮気相手が新しい恋愛に夢中になることで、ご依頼者様のことをどうでも良くなってしまうのです。
恋愛における「出会い」をつくり、「別れ」を演出するのです。
浮気相手から「別れてほしい」と言ってくるように仕向けるのです。
別れさせ工作中においてはできる限り「別れたい浮気相手」の情報提供をして頂くことをお願いします。
チームワークがあってこそ成功できると確信しております。
ご依頼者様には最終局面におきましてのご協力をお願いしております。
随時のご報告はもちろんのこと展開予想や状況変化の時には、綿密な打ち合わせをさせて
頂きますのでご安心して下さい。
ご依頼者様が疑われたり、怪しまれることが絶対にないように最善の注意を払って段取りし、
別れさせ屋工作を遂行させて頂きます。

別れさせ工作の方法は別れてくれない浮気相手の性格・環境によって異なります。
入念な打ち合わせとしっかりとした事前調査が必要になります。
別れてくれない浮気相手に適した別れ方・別れる方法を用いなければ別れさせ工作の効果は
期待できなくなってしまいます。
浮気相手と別れたいという悩みを抱えているならまずはご相談下さい。

その一歩が解決への道

その一歩が解決への道
ご依頼者様の中で自分の秘密を他人に話すことに対して抵抗のない人は皆無です。
しかし、勇気を出して解決への第一歩を踏み出してほしいのです。
悩んでいるだけでは解決できないのです。

別れ効果のあるパワーストーン

imgres「水に流す」この場合も浄化効果がある水晶の力を借りると良いでしょう、
静かで落ち着いた空間の真中に白い布を広げ、きれいな水で満たされた器を
置きます。水晶を手に持って水を右に三回まわし、相手の名前を書きます、
今度は反対に三回まわします。水晶を相手の写真又は手紙の上に置き
別れたいという気持ちを念じます。二人の距離が自然に広がり、
別々の道を歩んでいく姿をイメージしましょう、

浮気をやめさせたい。
imgres相手の心を目覚めさせ、もう一度二人の絆を深めるのに水晶の力をかりましょう、
白い紙に相手の名前を黒ペンで書き込み、水晶でなぞりながら、相手のことを
思い浮かべます。水晶を赤い布で包み、太陽の光を当てます、浮気相手と離れて
いくのをイメージします。この時に、浮気相手を恨んだりしては逆効果です。
自分自身の純粋な愛情で相手を包み込むような気持ちを持つことが大切です。
誰もが幸せであるように願いましょう、クリスタルはエゴや憎しみの感情を
嫌います。相手の心の中で存在が大きく広がり返ってくることでしょう。

 

FavoriteLoading読み終わったらクリックしてください