恨まれない別れ方

付き合っていくうち相手の粗が目に付くようになり、あるいはふとその気がなくなってしまったり。。

また、あるいは他に好きな女性ができてしまったりで別れたいと思うことは誰にでもあるでしょう。
しかし、付き合いが長かったり、彼女の本気度が高かったりすると別れることはそれほど容易ではありません。

付き合うよりも別れる方が難しい場合もあります。

好きな女性と付き合えない悩みより、嫌いになった女性と別れられない悩みの方がむしろ深刻かもしれません。
そこで、どうすれば後腐れなく嫌いになった女性と別れらえるか考えてみたいと思います。

別れ話の切り出し方はなかなか難しく、安易に考えると大きなトラブルに発展する場合があり注意が必要です。
そこで、オススメなのがフェイドアウトです。

フェイドアウトとは、段々デート回数やメール回数を減らしていき、自然消滅させる方法です。

フェイドアウトの本来の意味である、音楽が段々小さくなり消えていくところから名づけられた別れ方です。
毎週デートしていたのを、仕事が忙しいとか口実作って隔週にしたり、1日5回メールしていたのを3回に減らし、更に徐々に彼女との絡みを減らしていきます。

フェイドアウトで気をつけていただきたいことは、急にデートやメールあるいは電話などを減らさないことです。

急に減らせば、問い詰められてトラブルになったり、相手女性に恨まれたりする場合がありますので、必ず慎重に時間をかけてフェイドアウトします。

接触回数を、5→4→3→2→1とごく自然に時間をかけて減らしていきます。

フェイドアウトの途中で察知され追及されるような場合、あくまでも仕事が忙しい・体調が悪いと当たり障りなく逃げることが肝要です。
このようにしていくと、女性側も何となくフェイドアウトを察知して心の準備をするようになります。

女性はプライドが高いため、上手くいけば女性側から別れ話が切り出されるかもしれません。
いずれにしても、フェイドアウトは一見すると卑劣な手段に思われるかもしれませんが、女性のショックを少なくする良い方法なのです。

必ずフェイドアウトできるとは限りませんが、付き合っている女性と可能な限り穏便に別れたい場合、まず試すべき方法の1つです。

FavoriteLoading読み終わったらクリックしてください