浮気、不倫、二股を解消したい

二股、三角関係の悩み
恋愛において二股や三角関係で悩む人は多く存在します。

彼女と元彼が今でも会っている・・・この二股を解消させたい
三角関係を解消するために彼と元彼女を別れさせたい

様々な恋愛事情や複雑な人間関係から二股や三角関係になってしまうのです。
二股や三角関係は中心人物の優柔不断な性格が招いていることが多いのです。
恋人との恋愛が上手くいかない原因に、実は別な恋人の存在が発覚するということがよくあります。
浮気や遊びの場合には放っておいても自分のところに戻ってくる可能性は高いかもしれません。
しかし、完全に恋愛対象として夢中になっている場合には自分が振られてしまう可能性もあります。
恋人を恋敵に取られてしまっては自分の恋愛は終わってしまいます。
また、二股や三角関係の恋愛状態に悩み続けて恋人に問い詰めたり、恋敵に直接会って交渉することで自分から余計に気持ちが離れてしまう可能性もあるのです。
二股、三角関係を解消するためには
優柔不断な恋人はどちらと本気で恋愛しようかその判断に迷っている場合が多く、決めきれないから二股や三角関係になるのです。
どちらも好きという曖昧な答えしか出せないのです。
三角関係や二股の場合、対象者の心境はどちらも選ぶことが出来ずに、なんとなく二股や三角関係を続けてしまっているというケースが目立ちます。
両方の人にそれぞれ良いところを見つけ惹かれていたり、何かを頼まれると断ることができないでいたり、言葉や行動の意思表示が下手でうまく伝わらない場面から起こりやすい関係なのです。
二人の恋人に挟まれて気持ちは揺れているのです。

また、一方と婚約や結婚してもその事実をもう一方に伝えることが出来ずに、知らない間に不倫の二股関係になっていたなんてこともあるのです。
意志の弱い人や自分を持っていない人が多いので、相手の気持ちをしっかり読んで対処する必要があります。
既婚者が離婚してくれないなら
不倫している独身者は、「このまま不倫を続けて将来があるのか・・・」、「二人に未来はあるのか・・・」と不安になり悩みます。
既婚者の本心を探ったり、自分から別れを切り出して駆け引きしてみても状況はなかなか変わることはありません。
既婚者が行動しない限り、不倫から結婚することが難しくなってしまうのです。

不倫から結婚を叶えるため、不倫が本物の愛なのか確認するために別れさせ屋工作を行なう人も少なくありません。
既婚者が離婚を決意するきっかけになる別れさせ屋工作を行ない、夫婦の絆や不倫相手の本心、自分たちの愛が本物なのか確認するのです。
自ら行動しない既婚者の環境に変化をつくることで見えなかった答えが見えてくるのです。
既婚者が配偶者に離婚を切り出せないでいる場合や離婚原因を配偶者側に作りたいと考えて離婚に前向きになっている場合もあります。
また、夫婦関係は破綻していると言っていたのに、実は夫婦仲がとても良いことだってあるのです。

不倫から結婚を望む独身者は、不倫相手の夫婦が離婚しても、自分が別れて不倫を解消することになっても今の辛い状況を変えたいと願う人が多いのです。
どちらの答えが出たとしても辛さを乗り越え、不倫相手の本当の気持ちを確かめた上で前向きに自分らしさを取り戻したいと考えるのです。
待っているだけでは離婚に踏み切らない、踏み切れないなら別れさせ屋工作の必要性も考えてみるべきかもしれません。
2人が本気なら不倫から結婚できる
不倫という関係には、不倫する二人が純粋に愛し合っている前向きな恋愛というパターンがあります。
このような場合、出会うのが遅かったと言えるかもしれません。
お互いに純粋に愛し合って相思相愛の場合には後ろめたさを感じる必要はあまりないと思えます。
人間というものは、完璧なものではありませんから、間違った結婚をしてしまう場合もあります。
不倫が始まる前からその夫婦が破綻していたかもしれませんし、離婚を考えていたかもしれません。

不倫から結婚を望むのであれば、素直に不倫の非を認めて新しい人生をやり直せば良いのです。
お互いに愛し合っているのなら、離婚して再出発すれば立派な恋愛なのです。
不倫という関係は既婚者の離婚が成立してしまえば終わりです。
非難されることも文句言われることも無いのです。
不倫から結婚をして、幸せになった人はたくさんいます。
出会って好きになり、恋愛したことは仕方のないことなのです。
正式に離婚をして、二人が向き合い満たされる関係ならば何も恥じることは無いのです。
不倫から結婚を考えた真剣な恋愛であるならば、それは純粋な愛の形なのです。
不倫から結婚に踏み切るとき
不倫の愛が実り、いざ結婚できるとなった時は嬉しさと同時に悩むこともあるでしょう。
当然、全てを話せば親や周囲からは反対されることもあるでしょうし、相手の元配偶者とのトラブルも考えられます。
障害のある結婚に迷ったときは愛情が本物であるかどうかを考えましょう。
二人の間に本物の愛があるなら、どんなに障害があっても関係ありません。
二人の愛に不安があったり、その障害を乗り越える自信がない、器量がないという場合には考え直した方が良いでしょう。

「やっぱり周囲に反対されたから結婚できません」とは言えません。
不倫から結婚することは甘い考えではいけないのです。
どんなに反対があっても、困難な出来事が予想できようと愛を貫けるだけの自信が自分にあるならば結婚に踏み切ればいいし、自分の中に不安があるのなら、今はその時期ではないと時期をみるのも大切な勇気です。

FavoriteLoading読み終わったらクリックしてください