くっついたり離れたりを繰り返している場合

復縁というのは、難しいものと感じられる場合が多いのですが、一方で「くっついたり離れたり」を何度も繰り返しているカップルもいます。端から見ていると、いつからが付き合っていて、いつからが別れているのか、良く分からないくらい、しょっちゅう「別れた」「復縁した」を繰り返している、というカップルです。しかし、当人達にとっては真剣な悩みです。「今度こそ、二人でうまくやっていく!!」と決心して、復縁するのですが、また別れてしまう・・・、どうして・・・? こうした不安定さが、不安定な精神状態を呼び込んでしまい、なおさら二人の仲が不安定にもなっていく、という悪循環にはまってしまっているのです。このケースでは、男女のどちらか、あるいは両方に、妙な安心感があるという場合もあります。恋人ではなくなっても「相手にとって特別な存在」という点で、お互いに妙な安心感が、できてしまっているのです。本当の意味での復縁を望み、「この人しかいない!!」と思えるような絆を築くためには、安心感を崩していくことが、必要となります。「いつでも、また付き合える」という馴れ合いの部分を崩していくこと、それと同時に自分を磨いて「いいヤツだな」と相手に思わせるということが、必要となるのです。

FavoriteLoading読み終わったらクリックしてください