ぬくもりが欲しい・・・

「ぬくもりが欲しい」から恋愛したいと考えているなら、その考えを改めたほうが良いでしょう。人間は誰でも、さびしいとか、人恋しいと感じることがあります。自分の寂しさや、不安や、恐怖というのは、本来は自分で受け止めて解消できるようになることが大事です。そうした寂しさや、不安や恐怖というのは、自分で受け止めることをしないで、恋愛をすることで寂しさを癒していると、恋愛依存症という状態にはまっていきます。なぜならば、人間がさびしい、不安だ、といった感情を持つのは、生来の本能のようなものの働きによって起こされる現象ですので、自分で受け止められるようにならないと、いつまでも沸き起こり続けるということになります。そうすると「寂しい → 恋愛で寂しさを埋める →もっと寂しい → もっと恋愛でうめる → もっともっと寂しい → もっともっと恋愛で埋める」という悪循環にはまっていってしまうからです。恋愛にあるぬくもりというのは、自立した人間同士の恋愛では、とても温かいものです。ただし、お互いがもたれあい、依存しあっている人同士の恋愛には、ぬくもりはありません。そのことを心しておきましょう。自分の寂しさは自分で引き受け、恋愛に逃げることはしない、という自立した人間になることを目指しましょう

FavoriteLoading読み終わったらクリックしてください