メールのコツ

復縁する為のメールのコツ

元カレと復縁するためには、どんなメールをすればいいか?

というような質問を頂くことが結構ありますが、これは状況によります。

元カレがあなたに対して興味や関心を抱いていない場合であったり、元カレがあなたの未練を警戒しているような場合は、メールをしたって無駄です。状況が悪化するばかりです。

この状況の場合は、冷却期間を置くべきでしょう。

 

元カレがあなたに対して興味や関心を抱いている、元カレの中にまだあなたへの未練があり、頻繁に連絡や誘いが来る場合は、

・自分からメールはしない。

・おはよう。とか何してるの?というような普通の会話は避ける。

・会話の内容はお互いに刺激的で盛り上がる内容を心がける。

こういった事を意識すれば宜しいかと思います。

 

メールで元カレの気持ちを揺らすことが出来たケースってほとんどないですから、メールなんて用事がない限りしなくてもいいよ。

というのが私の考え方です。

と言ってもメールのテクニックが全くない訳ではないので、時間に余裕がある時にメールに特化した記事を更新しますのでお楽しみに。

 

会う場合の復縁テクニック

実際に元カレの感情を動かすことが出来るのは、メールじゃなくて電話でもなくて、会った時です。

会っても会っても関係が進まない場合は、マンネリしちゃってる証拠。

復縁をしたいなら、毎回会った時に元カレの感情をガンガン揺らさないとダメです。

良くある失敗例としてあるのが、

せっかく冷却期間を置いて、外見を磨いで、元カレに会った時にインパクトを与えることが出来たのに、

長い時間一緒に居すぎて、元カレがあなたの変化に慣れてしまったり、

あなたの期待や依存を元カレが感じて、安心してしまったりしてしまう。ということ。

 

変化が大きいのであれば、小出しにしないと勿体無いですし、期待や依存は一切伝えないのは絶対条件。

 

最初の再会は5分とかでいいんです。5分でどれだけ強いインパクトを与えられるか。衝撃を感じさせるか。

あー、帰っちゃった。もっと話したかったな。

と元カレに感じてもらうこと。

 

こういう事を意識しないとダメです。

 

久しぶりー!わっ、なんか前よりカッコ良くなったじゃん。この服似合うねー!あ、これこの前出張で◯◯行ったんだけど、食べるでしょ?あげる!

こんなふうに、彼に対して好意を伝えつつも、5分くらいで用事が終わったら帰ってしまう。

こんな再会の仕方をすれば、元カレはあなたを追いかけるというような状況を作ることが出来ます。

 

既に関係がマンネリしてしまっている時は、会ったって進展はしません。何か変化を感じさせないと厳しいです。

服装をガラッと変えるだとか、冷却期間を置くだとか、普段とは違うデートをする(複数で会う、普段は行かないようなイベントや場所に行くなど)

こんな感じで、何かしら変化を感じてもらえるような仕掛けを考えないと、元カレがあなたを追いかける。という状況やきっかけを作ることは難しいと言えます。

FavoriteLoading読み終わったらクリックしてください