メールの頻度

復縁でも別れさせでも メールの頻度は大変重要です。

付き合っていたころは 頻繁にメールのやり取りをしていたと思います。

その状態に 戻るのが先ず 目標です。

尚、付き合う前の2人や付き合った直後の2人のメールが、チャットのような頻度ではなかった場合などは 当てはまらないと思います。相手が男性の場合、メールが苦手な方も居ますし、メール自体が苦手な人に対して、チャットのような頻度のメールは嫌がられ逆効果になってしまうかもしてません。

相手に未練が少しでもないと、メールは盛り上がらないことが多いです。

相手にあなたへの未練がなければ、メールで盛り上がることは少ないです。いくら今までであったら盛り上がるような話題を用意していても、相手が話を合わせてくれないからです。

チャットのような頻度のメールを目指す場合、相手の未練(恋愛感情)をどう引き出すか。ということを考えていく必要があります。

その為には、期間、駆け引き、自分の成長などが必要になります。

メールが盛り上がらない場合、頻度はどうしたらいいか?

基本的に、メールが盛り上がらない場合は、相手にあなたへの恋愛感情がない事か、もしくはメールの内容自体が面白く無い。このどちらかです。

恋愛感情は前述の対応をしていきます、メールの内容については盛り上がる話題を作っていく事が必要です。

今まで付き合いがある相手ですから相手の趣味を知っているはずです、相手と同じ趣味を作っていくのが基本的な工程にになります。

メールが盛り上がらない場合、頻度ではどうしようもありません。発想を変えル必要があります。

相手にあなたへの未練がある場合、メールの頻度はどうしたらいいでしょう?

この場合は、チャットのような頻度でメールをしていいと思います(付き合っていた頃よりは若干少な目がいいですが)。

ただ、相手にあなたへの未練がある場合は、駆け引きのチャンスですから、引くことも必要です。

チャットのような頻度でメールをしている場合は、3日に一回程度、半日メールの返信を意図的にしないなど、相手にあなたからのメールの返事がなんで遅いんだろう?なにかあったのかな?。と思わせられるように仕向けていきましょう。

LINEの場合は、既読にして半日なり数日返信しないような事も効果的です。(相手の性格などにもよります)

メールを続けるコツは?

メールを続けるには、話題を切らさないことも大事ですが、話題を途中で切って寝てしまうのが非常に良いです。

話題の途中で、そろそろ寝るねー!と伝えることで、翌日や翌々日に、その話題の続きからメールをすることが出来ます。

それによって、毎日のようにメールをすることが可能になるでしょう。

毎回毎回新しい話題でメールをするのは難しいですから、話題の途中でこちらから話題を切って寝たり、仕事に行くと言ったり、友達と遊ぶからまたね。と伝えましょう。

逆に相手にこれをされてしまうと、相手に再度メールを送るのが大変になります。

メールやチャットの話題つくりは意外と難しくこの方法であれば一つの話題でかなりの期間会話を続けることも可能です。

FavoriteLoading読み終わったらクリックしてください