人に知られないほうが良い場合も

復縁のためのおまじないをしていること、復縁のためにお百度を踏んでいることなどは、人に知られないほうがいい、という場合もあります。一つには、そうした呪術、願掛けというのは、人に知られたら効力がなくなる、とされている場合もあります。また、復縁のために、おまじないをしているとか、お百度参りをしているとか、そういうことを、復縁相手が知った場合に、どう思うかということです。復縁相手が「気持ち悪い行為だ」と感じてしまうようなら、絶対に知られてはなりません。お百度参りなどは、本来は日本で伝統的に行なわれてきた、願掛けの方法ですが、残念ながらそうした行為を、受け入れがたいと感じる人もいるのは事実です。そうした人に、おまじないや、神社・お寺での願掛けについて知られると、一歩間違えばストーカー扱いをされてしまいます。そのため、あまり人に簡単に話さないほうが、良いでしょう。復縁相手のことを「想っている」ということが知られると、それを「もう、絶縁したのだから、知らない!!」という答えを、引き出してしまうかもしれません。そのため、そうした「想い」の部分については、自分も復縁相手も、両方が冷静になって、状況分析をできるようになるまで、あまり周囲にアピールしないほうがいいでしょう。

FavoriteLoading読み終わったらクリックしてください