冷却期間が必要な理由

復縁には冷却期間をおくことが大事だと、よく言われます。まずドタバタと動き回らない期間を設けることは、次のような効果があります。まずは、お互いが自分の悪かったところ、至らなかったところを反省することができる、という点です。「相手だけが、一方的に悪い」という結論しか出せない人は、まだまだ「冷却」ができていません。相手の批判ばかりして、自分を省みないということは「そんな悪い人と、交際していた」というあなたについても、価値が下がることになりますよ。失恋の直後には、喧嘩をしたり、重苦しい気持ちを両方が抱えていたりします。復縁ということを考えようにも「もう面倒だ、復縁なんてごめんだ・・・」という思いが、大きくなっているものです。その思いを冷まさせる時間と、さらに付き合っていた間には、良い思いでもあったかと思いますので、「良い人だったな」と再び思えるようになるまでの時間が必要です。また、冷却期間というのは、相手と自分の間をどうこうしようとせず、まず自分が自分を変える、という期間でもあるのです。自分の至らなかったところを反省し、改善することは、復縁後の二人の関係に、よい影響を及ぼします。復縁はゴールではなく、新たなスタートなのです。そのためにも、自分のいたらなかった点を改善し、新しい自分に生まれ変わりましょう。

FavoriteLoading読み終わったらクリックしてください