冷却期間をおき冷静になること

復縁するために、「冷却期間」をおくという選択をしたあなたは、とても懸命な方です。あえて相手との連絡を取らず、アプローチもしない「冷却期間」は、とても大切です。その間には、単に時間が過ぎるのを待つ、というだけではなくて、すべきことがあります。別れの原因とはなんなのか、分析しましょう。「相手が〇〇だったから」という結論しか出ない、という方は、まだまだ「冷却できている」とは言えません。もしも「相手が完全に悪く、自分には非が無い」と考えているとしたら、要注意です。それは「そんな悪い相手と付き合っていて、破局して、さらに復縁を望んでいる自分」の価値を下げることに繋がります。冷却期間を設けて、相手と会わない間に、自分の生活を前向きなものに、変えていきましょう。ダイエットするとか、外見を変えるとか、何らかの勉強・資格取得を始める、仕事で成果を出す、などの様々な前向きなことに、挑んでいきましょう。こうして前向きに生きていく姿は、復縁の可能性を高めるだけではなく、復縁後の関係をしっかりしたものにさせてくれます。復縁というのは、全ての努力が終わるという「ゴール」ではなく、それから新たな努力や信頼関係が始まる「スタート」なのです。

FavoriteLoading読み終わったらクリックしてください