失恋と復縁のタイミング

「復縁したい」という思いが強いのは、失恋した直後でしょう。しかし、この時期には「別れを告げられた自分を哀れむ」ということに夢中になってしまい「相手が悪いのに、私ってこんなに悲しんでいてかわいそう・・・」という状態に酔ってしまう人もいて、この状態の間には、復縁は難しいと思われます。失恋したということには「相手だけが完全に悪い」ということは、少ないものです。にも関わらず、失恋直後というのは「相手だけが悪い」と思ってしまいがちです。よく言われる「冷却期間をおく」というのは、自分を冷静に分析できるようになる、という期間をおく、という意味でもあります。自分を冷静に分析し「自分にも非はあった」ということに気付き、復縁したのちに、その気付きを活かしていくことが、必要なのです。失恋してから、復縁できるまでのタイミングというのは、ケース・バイ・ケースで一概には言えませんが、復縁「したい」側にとっては、時間の流れというものは、遅く感じられるものです。例えば2週間は冷却期間をおく、としても、復縁したい側にとって、時間の流れというのは、とてもゆっくりに感じられます。そのために、冷却期間を「ただおく」というだけで、自己分析ができていないと、失恋したときのままに、再び連絡をとってしまう、ということに繋がります。

FavoriteLoading読み終わったらクリックしてください