失恋直後にしつこくしてしまった場合

復縁というのは、別れ際があっさりとしていて、お互いが「良い人だったな」という思いを残している場合ほど、うまくいきます。このような場合には、恋としては終わってしまったけれど、友達としては連絡を取り合っている、というケースもあるようです。しかし、逆に失恋直後に、しつこく寄りを戻すように迫ったり、自傷行為をして無理やり振り向かせようとしてしまったり、するケースもあるのだそうです。こういう場合には、まずドタバタと動き回らないで冷静になる期間、冷却期間が必要です。冷却期間というのは、ただ待っているというだけの時間ではなく、お互いが自分の悪かったところ、至らなかったところを反省するというためにも、必要です。失恋直後の「しつこさ」「自傷行為をしてしまうような人だということ」を見た相手は、「また面倒が始まるなら、もう復縁なんてごめんだ・・・」という思いが、大きくなっています。その思いを冷まさせる時間と、さらに付き合っていた間には、良い思いでもあったかと思いますので、「良い人だったな」と再び思えるようになるまでの時間が必要です。そのため、冷却期間というのは、相手と自分の間をどうこうしようとせず、まず自分が自分を変える、という期間でもあるのです。

FavoriteLoading読み終わったらクリックしてください