婚約していたのに破局した場合

復縁というのは、当人同士の問題だけではなく、周りも巻き込んでしまうことがあります。婚約をしていて、周囲も「結婚目前だ」と認識していた場合、というのがその最たるものでしょう。しかし、婚約破棄というのは、意外に多くの方が経験されていることに、気付きます。当人同士の口約束だけではなく「結納を交わす」といった、かなり深い関係だったケースであっても、破局をしてしまうケースはあります。その分、「復縁できないか」と思う人も、たくさんいる、ということですね。こうした場合には、復縁の難しいポイントとなるのが、「復縁=結婚」と考えてしまいがちになることです。復縁をしたい場合には、まず「復縁=結婚を前提としたお付き合い」という考えを、徐々に崩しておいて、仲良くなるという方法が、有効であろうと思われます。婚約までしていて、ご両親にも紹介をされていた、という場合には、ご両親と自分の仲が良いとなると、復縁にも有利な場合があります。婚約までしていて、それでも破談になる、ということには、「よほど相性が悪いのでは?」と考える人も、いるかもしれません。それはそういう面もあるのですが、意外に「結婚準備が大変過ぎて、疲れがたまってしまった」という理由など、当人同士に理由がある以外の、他の要因があるというケースも、多いものです。結婚目前だったカップルの復縁は、こうした「何が要因なのか?」を見極める必要もあるのです。

FavoriteLoading読み終わったらクリックしてください