結婚目前だった場合

結婚を目前にしていたのに、別れてしまった。こういう話は意外に多くあります。その分、「復縁できないか」と思う人も、たくさんいる、ということですね。復縁のときに難しいポイントとなるのが、「復縁=結婚」と考えてしまいがちになることです。婚約を破棄した側というのは、とても申し訳ないと思っている面があるでしょう。それだけ、多くの人に「え! 破談になったの!?」と意外な思いもさせています。また、なんといっても婚約破棄の相手に、ものすごく申し訳ないと思っているものです。その分、復縁についてもものすごく慎重になっているのです。この場合は、まず「復縁=結婚を前提としたお付き合い」という考えを、徐々に崩しておいて、仲良くなるという方法が、有効であろうと思われます。婚約までしていて、ご両親にも紹介をされていた、という場合には、ご両親と自分の仲が良いとなると、復縁にも有利な場合があります。婚約までしていて、それでも破談になる、ということには、「よほど相性が悪いのでは?」と考える人も、いるかもしれません。それはそういう面もあるのですが、意外に「結婚準備が大変過ぎて、疲れがたまってしまった」という理由など、当人同士に理由がある以外の、他の要因があるというケースも、多いものです。結婚目前だったカップルの復縁は、こうした「何が要因なのか?」を見極める必要もあるのです。

FavoriteLoading読み終わったらクリックしてください