結論を出すのを怖がらないこと

「復縁したいけれど、怖くてできない」という方も、いらっしゃいます。それはよくわかります。「再び、断られたらどうしよう」という怖れが働いているのですよね。ただ「復縁できるのかできないのか、あいまいな状態が、今後もずっと続く」ということに、あなたは耐えられるでしょうか? それよりも、できないという結論であっても、何らかの結論を得るほうが、次の行動をどうすればいいのか、分かってスッキリするのでは、ないでしょうか? 寄りを戻したり別れたり、を繰り返しているカップルもいますが、これも「決定的な別れ」「絶対的な信頼関係」のどちらも選べないで、フラフラしている状態ともいえるでしょう。結論を出すといっても、もちろん、相手の気持ち・都合というものがあります。そのため、今日や明日に結論が出ない、ということもあるでしょう。ただ、10年も20年も結論がでない、というのも大変すぎるものです。復縁というのは、数ヶ月から1年単位で時間がかかる、という覚悟が必要ですが、同時に「3年頑張ってダメなら、諦める」といった、一応の区切りを儲けておくのも、一つの手段です。区切りを設けておくことで「その期間は、精一杯頑張ろう」と思える、という効果もあります。

FavoriteLoading読み終わったらクリックしてください