いじめ調査

いじめ調査

我慢は禁物。
証拠を押さえた上での話し合いが解決の早道です。

    • こんな事ありませんか?・子供が怪我をして帰ってくる
      ・持ち物がなくなっている
      ・最近元気がない
      ・親の財布からお金を盗むようになった
子供は助けを待っている
    • ちょっとでも不審を感じたら、いじめのサイン。学校側に相談しても、なかなか改善されないのが、いじめ問題。
      誰にも相談できず、悩んだ末に命を絶ってしまうお子さんも年々増加しています。

      お子さんに異変を感じたら、そのままにしておかず、きちんと調べることが先決。
      証拠をつきつければ、学校側や加害者側もいじめを認め、対策を講じます。

      「学校にいる間は、子供は安全」

      そんな、かつての常識は、今は全く通用しない時代になってしまいました。
      手遅れになる前に、早めに手を打てば、解決する場合がほとんどです。

      非常にデリケートな問題ですから、細心の注意を払い慎重に調査を行います。
      また、学校や友達のこと、子供がどんな遊びをしているか、お父さんお母さんは知っていますか。
      塾、お稽古に通わせることも大事ですが、子供の気持ちを抑え、大人の目線や願望を押し付けていませんか。

      調査をする、しないに関わらず、お子さん本人との対話は何よりも大切です。
      はっきり聞き出すことができなくても、対話を続けていきましょう。

FavoriteLoading読み終わったらクリックしてください