内定調査

内定調査

入社志望者の借金は?素行は?経歴は本当?
内定者が御社にふさわしい人物か、経歴詐称をしていないか、、、等
御社に必要な情報をお調べさせて頂きます。手遅れになる前に、、、

プチ経歴詐称の甘い罠
  • 私が探偵を始めて今年で10年になりますが、リーマンショック以降、一気に増えた調査はズバリ「雇用調査」です。 ビジネス環境が容赦なく厳しくなる中、多くの企業が取った手段は「少数精鋭」。 玉石混交の100人で100億円を稼ぐより、絞りに絞った30人で30億稼ぐほうがまだマシという、何とも後ろ向きな方法を取ったわけです。  ただ、不景気にも当然メリットはあるわけで、それは求人に対する応募数の超・大幅増。 よりどりみどりの人材の中からたった一人を選ぶ最終的な決め手として、「経歴が一番気にいった人」を要求する企業も多いようです。  となると、中には軽い気持ちで「プチ経歴詐称」してしまう人もいるのが世の常です。 具体的には「一浪→現役」「留年・退学・除籍→4年で卒業」「無職期間の短縮」が挙げられます。  たった1年ごまかすために、10年分の経歴をねつ造する必要があります。人というものは嘘をつくことは厭わないのに、嘘をつかれることを極端に嫌がります。 そこでそんな企業の依頼を受けた探偵の出番がやってくるのです。
内定を出した学生が豹変
  • 大手の流通会社からの依頼。 新卒採用に伴い、今年度も何人かの新規採用者を見込み、内定を出した。 すると、その中で面接時にはきちんと身なりを整えていた学生が、入社式前の懇親会では髪を染めた上にピアスをし、腰履きジーンズという格好で会場に現れた。 流石にこれには人事担当者も冷や汗をかいたという。 そこで会社としては、懇親会で面接時とあまりにも落差があった人物に対して調査を行い、入社後のリスクと育成方針について把握する為、依頼をしてきた。 調査の結果、豹変した学生は元々そういった格好で学生生活を送っており、深夜まで外をうろついてはクラブなどに入り浸る人間であるということがわかった。 つまり面接のほうが偽りの人格であり、それを見抜けなかったということになる。 学業の成績などは平均程度であり極端に悪いということはなかったが、生活態度に懸念される点が見受けられる為、その点について注意が必要であるという所見と共に報告を行った。
FavoriteLoading読み終わったらクリックしてください