子供の素行調査

子供の素行調査

子供が日頃どのような生活スタイルをしているのか知る必要がある時、徹底的に調査を行い事実を判明させます。

    • 親御様からご依頼でお子様の素行や交遊(交友)関係調査、結婚相手の調査(結婚調査)など多数寄せられます。近年、学生など子供が犯罪にまきこまれるケースが増加傾向にあります。 この為、大切な子供をもつ親御様は娘の交際相手や交友関係など気になる方が増えたのでしょう。
    • 例えば・・・・学校の帰りが遅い子供が心配
      ・学校を休んでいる事があるがどこにいっているか
      ・子供に恋人がいるがどのような付き合い方をしているのか
      ・1人暮らしをしている子供の生活状況が心配
    • 子供のことが判らなくなってしまった!
      こんな経験はありませんか?「思春期・反抗期だからしょうがない」とほっておくわけにいきません。 子供の場合、家族には打ち明けられず子供の世界だけのルールでトラブルに巻き込まれているケースも多々あります。 いじめ問題・違法アルバイト・薬物など子供を巻き込む犯罪が蔓延っています。
      将来、子供が後悔するような事が起こらないように事実をはっきりとさせる必要があるのではないでしょうか。
子供の犯罪率
      • 犯罪の若年層化が近年、上昇傾向にある。殺人・強盗などの凶悪犯罪については犯罪少年(若年者)の人口が平成8年以降急激に上昇している。特に16,17歳の中間少年層の上昇傾向が顕著である。少年では路上強盗が増加し強盗の共犯率は成人に比して高くかつ上昇しており動機は遊興費充当/小遣い銭欲しさが大半を占めているほか無職少年とともに高校生が増加傾向にある。このような背景には親の指導力低下や無職少年の増加,少年の意識における変化のほか深夜営業飲食店等の増加等少年を取り巻く環境の変化がある。
子供の家出
      • 子供の家出はほとんどが警察で一般家出人(当人に家出の意志があって行方をくらました場合)として扱われます。これに対しては「警察では積極的な調査・捜索活動を行わない」と考えた方が良いでしょう。基本的に、警察本部のコンピュータのデータベースに家出人の写真、情報等が登録され全国の拠点で閲覧が可能となります。つまり、日々のパトロール、少年補導、交通取り締まり、住民の自発的な情報提供などによって発見されることになるのです。なお、この届出をするときには「生存連絡のお願い」を同時に行うことが必要です。(家出人が発見された場合は警察からの連絡が入ります)家出人捜索願を提出しても事件性がない限り警察は家出人捜索になかなか着手しないのが現状です。当社は、お客様のお力になるべく全力で調査・捜索・発見致します。
FavoriteLoading読み終わったらクリックしてください