行方調査

行方調査

行方調査とは行方知れずになった人の現在の所在を明らかにする事ですが、 行方知れずになった事由や情報量・情報の質によって行方調査方法や行方調査の期間は異なります。 債務にかかわる場合や、家族や職場にかかわる場合、駆け落ち等恋愛にかかわる場合など、その事由は様々です。

日常生活での変化
    • 失踪を決意する人は、もう二度と家には帰らないという強い覚悟を持って家出をするので 待っていても戻ってこない事がほとんどです。
      また、なるべく痕跡を残さないように生活をしているので、見つかりにくい傾向にあります。
      警察に捜索願を出してあれば職務質問などで見つかる可能性もありますが、 基本的にかなり低い確率ですから期待は出来ません。

 

些細な変化も見逃さない
      • 行方不明者が失踪する前には必ず何かしらの変化や兆候があります。 何気ない言動の中に隠された些細な変化を見逃さないようにしておかなければなりません。
        普段からのコミュニケーションをおろそかにしてはその変化に気づく事が出来ないかもしれません。
        失踪をするということは耐えられないほどの何かがあることは間違いありません。
        その原因に気付いてあげられる事が家出や失踪を未然に防ぐ事になります。
        また、例えその時に変化に気付けなかったとしても、失踪前の微妙な変化や違和感というものは 調査の手掛りになります。
失踪・家出の原因
      • 主な失踪の原因は以下の通りです。
        ・リストラや倒産など仕事上のトラブル
        ・家庭内暴力など家庭内のトラブル
        ・愛人との駆け落ち
        ・学校でのいじめ
        ・借金によるトラブル
発見後のケアが大事
    • 失踪者を発見できたときには、失踪したことを責めないようにして下さい。 失踪にまで至ってしまったという事は、本人にとってそれほど辛い事があったということです。
      その気持ちを察して暖かく迎え入れる事がまず第一歩ではないでしょうか。 そして、失踪の原因が何であったのかを話し合い、それを解決していかなければ 再び失踪してしまう可能性が高く、真の解決とはいえません。
      なぜ失踪をしたのか失踪者の気持ちを聞き、理解することが大切なのです。
FavoriteLoading読み終わったらクリックしてください