•熟年離婚理由

      熟年離婚の理由には性格の不一致・価値観の違い・借金・暴力・嫁姑問題などさまざまな理由があります。 性格が合わないとか、価値観の相違だけでは片づけられないとか言われるときもありますが、そういった理由だけでは説明できないケースもあると思います。 何年か共に生活をしていれば性格が合わないことや価値観の違いには自然に気づくことでしょう。ですので性格の不一致が離婚理由になることは少ないようです。 ただしある日を境に相手への感情た受け止め方が変わる場合もあります

 

      ●借金が理由で熟年離婚

 

      パチンコや競馬のようなギャンブルに手を出す人、ストレスからカードによる過大な買い物を繰り返す人、不況で職を失ってサラ金から借金をしてしまった人。 それが高じて返済の目途が立たなくなって離婚に至るのです。 ただ、どんな事情があれ、熟年離婚の理由が借金は精神的なダメージも大きくなりがちです。

 

      ●失踪が理由で熟年離婚

 

      配偶者の失踪や生死不明があります。 ある日突然配偶者が失踪した、なんていうことを、稀ですが聞くことがあるでしょう。相手が一方的に夫婦生活を放棄したならば、 残された方も新たな生活を考えなくては行けません。相手の生死が3年以上不明な場合は、民法上離婚が成立するそうです。

 

      ●親の介護が理由で熟年離婚

 

      熟年離婚に親の介護が原因となっているケースもあります。親の介護による疲労やストレスから離婚に至る場合があるようです。 一人に負担がかかると、疲労からつい夫にあたってしまったり、ストレスが溜まるとそれが爆発して熟年離婚の引き金になるのです。

 

      ●家族が理由で熟年離婚

 

      夫婦関係はよくても配偶者の親・家族が理由で熟年離婚に至るケースもあります。熟年離婚が家族の理由の場合 結婚は、家族同士の結びつきが大きな課題です。 結婚したら妻が実家に入り浸りになったり、逆に夫が親離れできていなかったりすると、それも離婚の理由になります
FavoriteLoading読み終わったらクリックしてください