セックスレス離婚

      一般的に夫婦間において性交が無い状態が一ヶ月以上継続した場合、または不可能な状態のことをセックスレスと言います。男女のスキンシップが無い状態もセックスレスと言われます。 セックスレスな状態というのは、セックスをしたいけど出来ない場合と、したくない場合とに分かれます。

 

      健康面などの身体的理由が原因でセックスレスに至っている場合には、専門の医療機関に問い合わせての治療やカウンセリングが必要になるでしょう。 夫婦としての協力と乗り越える努力が必要になります。 病気になったパートナーを見捨てるように簡単には離婚出来ないのと同様に、性的に不能になった夫に対して一方的に離婚請求することはできません。

 

      相手に対する気持ち・嫌悪感などの精神面から性交渉をしたいと思わない場合には、夫婦関係に問題があると言えるでしょう。 セックスレスになってしまったのですから、何か原因があるはずです。 その原因を追究して夫婦のピンチから脱出しましょう。

 

      なぜ、セックスレスになったのか?

 

      ●面倒くさい

 

      ●疲れている

 

      ●子供を産んでから

 

      ●男女というより家族的になってしまった

 

      ●外で浮気している

 

      ●セックスの相性が合わない

 

      ●体のコンプレックスを悪く言われた

 

      ●過去の事を許せないで引きずっている

 

      ●子供が欲しい為だけだから

 

      ●性的異常者だから

 

      セックスレス状態が続くことが夫婦にとって最も危険なのです。セックスレスな夫婦ほど不倫の危険性は高いのです。 「夫婦間の性的交渉は夫婦生活に伴う健康な営みで、夫婦のあり方として大切なもの」 として、裁判所もその重要性を認めています。

 

      どちらかの性交渉の拒否が長期間に及ぶ場合には、婚姻関係を継続し難い重大な事由にあたるとして、裁判でも離婚が認められる傾向にあります。
FavoriteLoading読み終わったらクリックしてください