浮気離婚

      最近は浮気が原因で離婚をするケースがとても多くなってきています。ある日突然「離婚したい」と配偶者が言ってきても離婚理由が見当たらない場合には、 異性問題が絡んでいるケースが多いのです。信じて共に暮らしてきた夫や妻に裏切られてしまえば、離婚を考えてしまうのは夫婦として当然かもしれません。 浮気=離婚に発展する場合には、浮気相手と配偶者に慰謝料と謝罪を請求することができます。きちんと取り決めることを取り決めた上で離婚した方が良いのです。 1回限りの浮気でも、浮気された側にとっては不貞行為になります。 しかし、裁判で離婚原因として認められる不貞行為とは、継続的であり、反復的である男女の肉体関係を伴う行為を不貞行為としています。 よって、1回限りの不貞行為は、離婚原因としては裁判をしても認められません。
FavoriteLoading読み終わったらクリックしてください