離婚慰謝料相場

      離婚する時の慰謝料は、法的に金額が定められているわけではありません。

 

      慰謝料の算定要素

 

      ・破綻を招いた有責性、背信性の程度

 

      ・精神的苦痛の程度

 

      ・結婚期間と当事者の年齢

 

      ・当事者の社会的地位

 

      。当事者の能力

 

      ・未成熟の子供の存在

 

      ・支払いを受ける側の離婚後の扶養の必要性

 

      このような客観的要素が裁判で決められる慰謝料の相場に反映される。 しかし、払えない金額を請求しても払ってもらえないなら意味がありません。 よって、相手の状況を考慮した上で現実的な金額を請求することが望ましいのです。 また、請求金額よりも低い金額に決まって落ち着く傾向にありますので、始めから少し多めの金額で請求をしておくと良いかもしれません。

 

      一般的に慰謝料は、200~300万円が一番多いようです。ただ、1,000万円以上の高額な慰謝料の支払いが命じられることもあります。

 

      1,000万円以上の慰謝料の支払いが命じられるのは…..。

 

      ・長期にわたる不貞事実があること

 

      ・支払う側に十分な資力があること
FavoriteLoading読み終わったらクリックしてください